本ヘルプセンターは英語版を翻訳したものです。また、一部には翻訳ソフトウエアにより機械的に翻訳した内容が含まれます。翻訳については順次対応しておりますが、最新の情報になっていない場合があります。最新の情報は英語版のページでご確認ください。表示言語は、画面右上の言語名をクリックして切り替えられます。

本ヘルプセンターの一部の記事には外部リンクが含まれています。万一リンク切れなどお気づきの点がございましたら、お手数ですが弊社サポート窓口までご連絡ください。

新機能

Deep Securityの LTSリリースは、毎年提供されており、新機能、既存の機能の拡張機能、およびバグ修正が含まれています。LTSのリリースには、LTSリリースのサポート期間とアップグレードのベストプラクティスに記載されているように、長期サポートが含まれます。LTSリリースが一般公開されると、LTSリリースに対するアップデートは、修正と細かい機能強化のみに限定されます。

Deep Security 20を使用すると、各 コンポーネント (マネージャ、エージェント、アプライアンス)を個別にリリースできます。さまざまな プラットフォームのクライアント (Windows、Linux、Unix)も個別にリリースできます。アップデートには、1つ以上のコンポーネントとプラットフォームが含まれる場合があります。

読む: