本ヘルプセンターは英語版を翻訳したものです。また、一部には翻訳ソフトウエアにより機械的に翻訳した内容が含まれます。翻訳については順次対応しておりますが、最新の情報になっていない場合があります。最新の情報は英語版のページでご確認ください。表示言語は、画面右上の言語名をクリックして切り替えられます。

本ヘルプセンターの一部の記事には外部リンクが含まれています。万一リンク切れなどお気づきの点がございましたら、お手数ですが弊社サポート窓口までご連絡ください。

Deep Security Notifier

Deep Security Notifierは、Deep Security AgentおよびDeep Security Relayのステータスを通知する、Windowsのシステムトレイアプリケーションです。Notifierを実行すると、Deep Security Agentが検索を開始したとき、不正プログラムをブロックしたとき、または不正なWebページにアクセスしたときに、ユーザにポップアップ通知が表示されます。

Notifierがクライアントマシン上で占有するスペースは小さく、必要なディスク容量は約1MB、メモリの使用容量は約3MBとなります。Notifierの実行中は、システムトレイにNotifierアイコン () が表示されます。初期設定では、NotifierはDeep Security Agentと一緒にWindowsコンピュータに自動的にインストールされます。アップグレード用の最新バージョンをインポートするには、[管理]→[アップデート]→[ソフトウェア]→[ローカル] 画面を使用します。

Relay有効化済みAgentを実行しているコンピュータでは、ローカルコンピュータで有効なコンポーネントではなく、AgentまたはApplianceに配布されているコンポーネントがNotifierに表示されます。

スタンドアロンバージョンのNotifierをダウンロードし、Deep Security Virtual Applianceで保護されている仮想マシンにインストールできます。Deep Security Notifierを配信するを参照してください。

Deep Security Notifierに情報が表示されるためには、Virtual Applianceで保護されている仮想マシンに不正プログラム対策モジュールのライセンスがあり、モジュールが有効になっている必要があります。

Notifierの仕組み

不正プログラムが検出されるか、不正サイトがブロックされると、Deep Security AgentはNotifierにメッセージを送信し、システムトレイにポップアップメッセージが表示されます。

不正プログラムを検出した場合、Notifierは次のようなポップアップメッセージをシステムトレイに表示します。

ユーザがメッセージをクリックすると、不正プログラム対策イベントの詳細を示す画面が表示されます。

不正Webページをブロックした場合、Notifierは次のようなポップアップメッセージをシステムトレイに表示します。

ユーザがメッセージをクリックすると、Webレピュテーションイベントの詳細を示す画面が表示されます。

Notifierには、パターンのバージョンなど、現在の保護ステータスやコンポーネント情報を表示するためのコンソールユーティリティもあります。このコンソールユーティリティを使用して、ポップアップ通知のオンとオフを切り替えたり、詳細なイベント情報にアクセスしたりできます。

特定のコンピュータまたは特定のポリシーが割り当てられているコンピュータのポップアップ通知をオフにすることもできます( Deep Security Manager の[コンピュータ/ポリシーエディタ]→[設定]→[一般]と設定 ホストのすべてのポップアップ通知を抑制 上のすべてのポップアップ通知を抑制する)。 はい。メッセージは引き続きDeep Security Managerでアラートまたはイベントとして表示されます。

NotifierがRelay有効化済みAgentをホストするコンピュータで実行されている場合、Notifierには、コンピュータ上で有効になっているコンポーネントではなく、Relayによって配布されているコンポーネントが表示されます。

Deep Security ScannerをホストしているコンピュータでNotifierが実行されている場合、Notifierはスキャナ機能が有効で、コンピュータをリレーできないことを示します。