Deep SecurityのSmart Protection

不正プログラム対策モジュールおよびWebレピュテーションモジュールでは、コンピュータおよびワークロードをSmart Protection Networkで統合できます。システムレベルで設定されるスマートフィードバックにより、Smart Protection Networkに継続的にフィードバックを提供できます。

トレンドマイクロのSmart Protection Networkの詳細については、「Smart Protection Network」を参照してください。

このトピックの内容:

また、AWSでの配置手順についてはAWSでのSmart Protection Serverの配置を、サーバの手動配置の手順についてはSmart Protection Serverのドキュメントを参照してください。

不正プログラム対策とSmart Protection

スマートスキャンを有効にする

スマートスキャンは不正プログラム対策モジュールで使用できます。トレンドマイクロのSmart Protection Networkを利用してローカルのパターンファイルのサイズを抑え、AgentとApplianceで必要なアップデートのサイズおよび数を削減します。スマートスキャンが有効になっている場合、Agentは不正プログラムパターンファイルの完全バージョンではなく、より小さなサイズのバージョンをSmart Protection Serverからダウンロードします。このサイズの小さいパターンファイルは、ファイルが「安全を確認済み」か「危険の可能性あり」かを迅速に特定します。「危険の可能性あり」とみなされたファイルは、Trend Micro Smart Protection Serverに保管されている大容量の完全なパターンファイルと照合され、危険の有無が確実に判定されます。

スマートスキャンが有効になっていない場合、Relay Agentは不正プログラムの完全なパターンファイルをSmart Protection Serverからダウンロードしてローカルで使用する必要があります。パターンファイルは、セキュリティアップデートの予約タスク実行時にのみアップデートされます。パターンファイルは通常1日1回アップデートされてAgentにダウンロードされ、サイズは約120MBです。

Trend Micro Smart Protection NetworkのグローバルのURLに対して安定した接続を確立できることを確認します (URLのリストについてはポート番号を参照してください)。ファイアウォール、プロキシ、またはAWSセキュリティグループによって接続がブロックされる場合、または接続が不安定な場合は、不正プログラム対策のパフォーマンスが低下します。
  1. [ポリシー] に移動します。
  2. ポリシーをダブルクリックします。
  3. [不正プログラム対策][Smart Protection] の順に選択します。
  4. [スマートスキャン] セクションで、次のいずれかを実行します。

    • [継承] を選択します (親ポリシーでスマートスキャンが有効になっている場合)
    • [継承] の選択を解除し、[オン] または [Deep Security Agentはオン、Virtual Applianceはオフ] を選択します。
  5. [保存] をクリックします。

スマートスキャンを使用するように設定されたコンピュータでは、不正プログラム対策パターン全体がローカルにダウンロードされることはありません。したがって、このコンピュータ上で不正プログラム対策ライセンスの有効期限が切れた場合は、スマートスキャンをオフにしても、不正プログラムの検索にローカルパターンは使用されません。これは、不正プログラム対策パターンがローカルに存在しないためです。

ファイルレピュテーションサービス用のSmart Protection Server

ファイルレピュテーションサービス用のSmart Protection Serverは不正プログラム対策モジュールで利用できます。スマートスキャンで必要なファイルレピュテーション情報を提供します。

ファイルレピュテーションサービス用のSmart Protection Serverを編集するには

  1. [コンピュータ] または [ポリシー] の [不正プログラム対策]→[Smart Protection] の順に選択します。
  2. トレンドマイクロのSmart Protection Serverに直接接続するか、ローカルにインストールされた1つ以上のSmart Protection Serverに接続するかを選択できます。
  3. AgentとSmart Protection Networkとの通信にプロキシを使用する場合は、Smart Protection Network専用のプロキシサーバを作成することをお勧めします。使用可能なプロキシ一覧の表示および編集は、[管理]→[システム設定] 画面の [プロキシ] タブで行えます。プロキシプロトコルの詳細については、Deep Securityでサポートされるプロキシプロトコルを参照してください。
    プロキシの選択後、そのプロキシを使用しているAgentをすべて再起動する必要があります。
  4. コンピュータがドメインに参加していない場合にGlobal Smart Protectionサービスを使用するには、[ドメインに参加していない場合はGlobal Smart Protectionサービスに接続 (Windowsのみ)] オプションを選択します。コンピュータがドメインコントローラに接続できない場合は、ドメインに参加していないとみなされます(このオプションはWindows Agentでのみ使用できます)。
    Smart Protection Serverをローカルにインストールしている場合、Smart Protection Server自体に問題が発生した場合に通知が表示されるよう、少なくとも1台のコンピュータでこのオプションを [はい] に設定する必要があります。
  5. コンピュータからSmart Protection Serverへの接続が失われたときにエラーイベントとアラートを生成するには、[Smart Protection Serverへの接続の警告] を設定します。

WebレピュテーションとSmart Protection

Webレピュテーション用のSmart Protection Serverは、Webレピュテーションモジュールに必要なWebレピュテーション情報を提供します。

Webレピュテーションサービス用のSmart Protection Serverを編集するには

  1. [コンピュータ] または [ポリシー][不正プログラム対策]→[Smart Protection] の順に選択します。
  2. トレンドマイクロのSmart Protection Serverに直接接続するか、ローカルにインストールされた1つ以上のSmart Protection Serverに接続するかを選択できます。
  3. AgentとSmart Protection Networkとの通信にプロキシを使用する場合は、Smart Protection Network専用のプロキシサーバを作成することをお勧めします。使用可能なプロキシ一覧の表示および編集は、[管理]→[システム設定] 画面の [プロキシ] タブで行えます。プロキシプロトコルの詳細については、Deep Securityでサポートされるプロキシプロトコルを参照してください。
    プロキシの選択後、そのプロキシを使用しているAgentをすべて再起動する必要があります。
  4. コンピュータがドメインに参加していない場合にGlobal Smart Protectionサービスを使用するには、[ドメインに参加していない場合はGlobal Smart Protectionサービスに接続 (Windowsのみ)] オプションを選択します。コンピュータがドメインコントローラに接続できない場合は、ドメインに参加していないとみなされます(このオプションはWindows Agentでのみ使用できます)。
    Smart Protection Serverをローカルにインストールしている場合、Smart Protection Server自体に問題が発生した場合に通知が表示されるよう、少なくとも1台のコンピュータでこのオプションを [はい] に設定する必要があります。
  5. コンピュータからSmart Protection Serverへの接続が失われたときにエラーイベントとアラートを生成するには、[Smart Protection Serverへの接続の警告] を設定します。

スマートフィードバック

トレンドマイクロスマートフィードバックは、トレンドマイクロ製品と、24時間体制の脅威リサーチセンターおよび技術部門との間に継続的な通信を提供します。スマートフィードバックでは、脅威に関する膨大なデータの共有とリアルタイム分析を行うTrend Micro Smart Protection Networkの一部として製品が機能します。この相互接続により、毎日発生する何千もの新しい脅威とその変種/亜種の分析、特定、および阻止を、これまでにない速さで実行できます。

トレンドマイクロスマートフィードバックは、Deep Security Managerのシステム設定として有効にできます。スマートフィードバックを有効にすると、匿名の脅威情報がSmart Protection Networkと共有されるため、トレンドマイクロは新しい脅威を迅速に特定し、対処することができます。初期設定では、スマートフィードバックは有効になっています。[管理]→[システム設定]→[スマートフィードバック] に移動すると、この設定を無効にしたり、調整したりできます。

スマートフィードバックでは、[管理]→[システム設定]→[プロキシ] タブの [プロキシサーバの使用] で選択したAgent、Appliance、およびRelay (セキュリティアップデート) プロキシが使用されます。