AgentとManagerの通信

Deep Security ManagerとAgentの通信では、相互にサポートされている最新バージョンのTLSが使用されます。

この記事のトピック:

ハートビートを設定する

「ハートビート」とは、Deep Security ManagerとAgentまたはApplianceの間の定期的な通信です。Managerは、ハートビート中に次の情報を収集します。

  • ドライバのステータス (オンラインまたはオフライン)
  • AgentまたはApplianceのステータス (時刻を含む)
  • 前回のハートビート以後のAgentまたはApplianceのログ
  • カウンタをアップデートするデータ
  • AgentまたはApplianceのセキュリティ設定のフィンガープリント (設定が最新のものかどうか判断するために使用)

ハートビートは、ベースまたは親ポリシー、サブポリシー、あるいは個々のコンピュータで設定できます。

ハートビートは次のプロパティを設定できます。

  • ハートビート間隔 (分): ハートビートの送信間隔。
  • 次の数を超えるハートビートが失われた場合にアラートを発令: アラートをトリガする、連続して失われるハートビートの数(たとえば3に設定すると、ハートビートが4回失われた時点でアラートをトリガします)。
    コンピュータがサーバの場合に、連続して大量のハートビートが失われたときは、Agent/Applianceまたはコンピュータ自体に問題がある可能性があります。ただしノートパソコンなど、継続的にネットワークから切断されることの多いシステムの場合、この設定は「無制限」にしてください。
  • ハートビート間でコンピュータのローカルシステム時間が次の時間を超えて変更された場合にアラートを発令: Agentがシステム時計への変更を検出できる場合は (Windows Agentのみ)、そのイベントがAgentイベント5004としてManagerに報告されます。時計の変更がここに示された時間を超えた場合は、アラートがトリガされます。この機能をサポートしないAgentの場合は、Managerがハートビート処理のたびにAgentから報告されるシステム時間を監視し、設定で指定された最大変更値よりも大きい場合にアラートをトリガします。
    「コンピュータの時計の変更」アラートがトリガされたら、アラートを手動で消去する必要があります。
  • 非アクティブな仮想マシンに対してオフラインエラーを発令: 仮想マシンが停止した場合にオフラインエラーを発生させるかどうかを設定します。
  1. 設定するポリシーまたはコンピュータのポリシーエディタポリシーエディタを開くには、[ポリシー] 画面に移動し、編集するポリシーをダブルクリック (またはポリシーを選択して [詳細] をクリック) します。またはコンピュータエディタコンピュータエディタを開くには、[コンピュータ] 画面に移動し、編集するコンピュータをダブルクリック (またはコンピュータを選択して [詳細] をクリック) します。を開きます。
  2. [設定]→[一般]→[ハートビート] に移動します。
  3. 必要に応じてプロパティを変更します。
  4. [保存] をクリックします。

通信方向を設定する

Agent/ApplianceまたはManagerのどちらから通信を開始するかを設定します。「通信」には、ハートビートとその他すべての通信が含まれます。次のオプションを使用できます。

    双方向: 初期設定では、通信は双方向です。通常はAgent/Applianceからハートビートを送信し、Deep Security Managerからの接続もAgentの待機ポート番号で待機します ()。Managerは必要な処理を実行するためにAgentまたはApplianceに接続できます。ManagerはAgentまたはApplianceのセキュリティ設定に変更内容を適用することもできます。
    Deep Security Virtual Applianceは双方向モードでのみ動作します。Virtual Applianceの設定を他のモードに変更すると、機能が中断します。
  • Managerから開始: AgentまたはApplianceとの通信をすべてManagerから開始します。この通信には、セキュリティ設定のアップデート、ハートビートの処理、およびイベントログの要求が含まれます。このオプションを選択した場合は、既知のDeep Security Managerからの接続のみが許可されるように、 特定のManagerへのDeep Security Agentのバインドことを強くお勧めします。
  • Agent/Applianceから開始: AgentまたはApplianceはManagerからの接続を待機しません。代わりに、ManagerがAgentのハートビートを待機しているポート番号でManagerに接続します (Deep Security Managerのポートを参照)。AgentまたはApplianceからManagerへのTCP接続が確立されると、各種処理が実行されます。Managerは最初にAgentまたはApplianceにステータスとイベントを問い合わせます (これはハートビートの処理です)。コンピュータで実行する必要のある未解決処理がある場合 (ポリシーのアップデートが必要など) は、接続が終了する前にその処理が実行されます。ハートビートごとにManagerとAgentまたはAppliance間の通信が発生します。AgentまたはApplianceのセキュリティ設定が変更された場合は、次のハートビートまでアップデートされません。
    AgentまたはApplianceから通信を開始するように設定する前に、AgentまたはApplianceがManagerのURLとハートビートポートに接続できることを確認してください。AgentまたはApplianceがManagerのURLを解決できない、またはIPおよびポートに接続できない場合、AgentまたはApplianceによって開始される通信はこのAgentまたはApplianceで失敗します。ManagerのURLおよびハートビートポートは、[管理]→[システム情報][システムの詳細] エリアで確認できます。
ManagerとAgent/Appliance間の通信を可能にするために、Managerは、Agent/Applianceのハートビートの待機ポート番号で受信TCP/IPトラフィックを許可する (非表示の) ファイアウォールルール (優先度4、バイパス) を自動的に実装します。このルールは、初期設定ではすべてのIPアドレスおよびMACアドレスからの接続を許可するようになっています。特定のIPまたはMACアドレスまたはその両方から受信TCP/IPトラフィックのみを許可する新しい優先度4 (強制的に許可またはファイアウォールルールをバイパス) を作成することで、このポートの受信トラフィックを制限できます。非表示のファイアウォールルールに置き換えるには、次の設定で新しいルールを作成します。

処理: 強制的に許可またはバイパス
優先度: 4 - 最高
パケットの方向: 受信
フレームの種類: IP
プロトコル: TCP
パケットの送信先ポート: AgentがManagerからのハートビート接続を待機するポート番号、またはそのポート番号を含むリスト(Agentの待機ポート番号を参照)。

これらの設定が有効な場合、新しいルールで非表示のルールが置き換えられます。その後、IPまたはMACアドレス、またはその両方のパケットソース情報を入力して、コンピュータへのトラフィックを制限できます。
  1. 設定するポリシーまたはコンピュータのポリシーエディタポリシーエディタを開くには、[ポリシー] 画面に移動し、編集するポリシーをダブルクリック (またはポリシーを選択して [詳細] をクリック) します。またはコンピュータエディタコンピュータエディタを開くには、[コンピュータ] 画面に移動し、編集するコンピュータをダブルクリック (またはコンピュータを選択して [詳細] をクリック) します。を開きます。
  2. [設定]→[一般]→[通信方向] に移動します。
  3. [Deep Security ManagerとAgent/Applianceの通信方向] メニューで、[Managerから開始]、[Agent/Applianceから開始]、[双方向] の3つのオプションのいずれかを選択するか、[継承] を選択します。[継承] を選択した場合、ポリシーまたはコンピュータには、親ポリシーの設定が継承されます。その他のオプションのいずれかを選択すると、継承された設定がオーバーライドされます。
  4. [保存] をクリックして変更を適用します。
AgentとApplianceは、Managerのホスト名によってネットワーク上のDeep Security Managerを検索します。このため、AgentまたはApplianceによる開始または双方向の通信を使用する場合は、Managerのホスト名が必ずローカルDNS内にある必要があります。

AgentとManagerの通信でサポートされている暗号化スイート

Deep Security ManagerとAgentの通信では、相互にサポートされている最新バージョンのTLSが使用されます。

Deep Security Agentは、Managerとの通信で次の暗号化をサポートしています。Deep Security Managerでサポートされている暗号化を調べる必要がある場合は、トレンドマイクロにお問い合わせください。

暗号化は、鍵交換非対称アルゴリズム、対称データ暗号化アルゴリズム、およびハッシュ関数で構成されます。

Deep Security Agent 9.5は、次のTLSv1.0暗号化をサポートします。

  • TLS_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA
  • TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA

Deep Security Agent 9.6は、次のTLSv1.0暗号化をサポートします。

  • TLS_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA
  • TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA

Deep Security Agent 10.0は、次のTLSv1.2暗号化をサポートします。

  • TLS_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA256
  • TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256

Deep Security Agent 10.3は、次のTLSv1.2暗号化をサポートします。

  • TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256
  • TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA384
  • TLS_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA256
  • TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256

Deep Security Agent 11.0は、次のTLSv1.2暗号化をサポートします。

  • TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256
  • TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA384
  • TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256
  • TLS_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA256