Deep Security Managerの複数ノードとしての実行

Deep Security Managerは、1個のデータベースを使用して同時に動作する、複数のノードとして実行することができます。Managerの複数ノードとしての実行すると、信頼性の向上、冗長化された可用性、事実上無制限のスケーラビリティ、パフォーマンスの強化が実現します。

各ノードが、すべてのタスクを実行することができます。また、他のノードより重要なノードはありません。ユーザは、任意のノードにログオンしてタスクを実行できます。いずれかのノードでエラーが発生しても、タスクが実行されないという状況にはなりません。同様に、いずれかのノードでエラーが発生しても、データが失われることはありません。

各ノードは、同じバージョンのManagerソフトウェアを実行している必要があります。Managerソフトウェアのアップグレードを実行すると、最初にアップグレードされるManagerが、すべてのDeep Security Managerのタスクを引き継ぎ、他のすべてのDeep Security Managerノードをシャットダウンします。シャットダウンされたManagerノードは、[システム情報] 画面にある [システムのアクティビティ] パネルの [アクティビティグラフ付きネットワークマップ] で「オフライン」と表示され、アップグレードが必要であることが示されます。その他のManagerノードに対してアップグレードが実行されると、それらのManagerノードは再びオンラインになり、Managerタスクの共有が開始されます。

ノードを表示する

[システム情報] 画面の [システムのアクティビティ] パネルにある [アクティビティグラフ付きネットワークマップ] には、すべてのDeep Security Managerノードとそのステータスが、処理中のアクティビティおよびジョブと組み合わされて表示されます。

Deep Security Managerは、すべてのオンラインManagerノードによって実行される分散プール内で、複数の同時アクティビティを処理します。ユーザ入力に由来しないアクティビティはすべてジョブとしてパッケージされ、任意のManager上で「実行可能」となります。ただし、キャッシュのクリアなど、各ノードで実行される一部の「ローカル」ジョブは例外です。

アクティビティグラフ付きネットワークマップ

アクティビティグラフ付きネットワークマップには、インストール済みのすべてのManagerノードとその現在のステータスのマップ、および過去1時間以内の関連アクティビティが表示されます。ノードには、次の状態があります。

  • オンライン
  • オフライン
  • オフライン (アップグレードが必要)
すべてのDeep Security Managerノードが、他のすべてのDeep Security Managerノードの状態を定期的に確認します。ネットワーク接続が3分以上失われているDeep Security Managerノードはオフラインと判断され、そのノードのタスクは残りのノード間で分散されます。

ノード別ジョブ

このグラフは、過去1時間以内に実行されたジョブの数をノード別に表示します。

種類別ジョブ

このグラフは、過去1時間以内に実行されたジョブを種類別に表示します。

ノードおよび種類別ジョブの総数

このグラフは、過去1時間以内に実行されたジョブをノードごとの種類別に表示します。

ノードを追加する

複数ノードの実行には、Microsoft SQL ServerまたはOracle Databaseが必要です。

システムにDeep Security Managerノードを追加するには、新しいコンピュータ上でDeep Security Managerインストーラを実行します。プロンプトが表示されたら、データベースの場所とログイン資格情報を入力します。インストーラがデータベースに接続したら、ノードの追加を続行できます。

インストーラのインスタンスを複数同時に実行しないでください。データベースの破損など、予期しない結果につながる可能性があります。
同じタイムゾーンを使用するように各Managerノードのシステム時計を設定します。データベースも同じタイムゾーンを使用する必要があります。タイムゾーンが異なる場合、「Managerの時刻が非同期」のエラーが発生します。

ノードを廃止する

ノードを廃止するには、そのノードがオフライン (アンインストール済み、またはサービス停止中) になっている必要があります。

  1. Deep Security Managerで、[管理]→[Managerノード] の順に選択します。
  2. 廃止するManagerノードをダブルクリックし、[プロパティ] 画面を表示します。
  3. [オプション] エリアで [廃止] ボタンをクリックします。