Deep Securityのアンインストール

オンプレミスのDeep Securityソフトウェアのインストール環境のみに該当します。

有効化したAgent/Relayをコンピュータから手動でアンインストールしても、コンピュータから Deep Security Managerに対してソフトウェアのアンインストールが通知されることはありません。[コンピュータ] では、状況に応じてそのコンピュータのステータスが「管理対象 (オフライン)」またはそれに類似するものとして表示されます。これを回避するためには、Deep Security Managerで次のいずれかを行います。

  • AgentまたはRelayを無効にしてからアンインストールする
  • アンインストール後にリストからそのコンピュータを削除する

このトピックの内容:

Deep Security Relayをアンインストールする

Deep Security Relayは、Relay機能を有効にしたAgentであるため、Relayを削除するためにはAgentソフトウェアをアンインストールする必要があります。

Relayをアンインストールする (Windows)

WindowsでDeep Security AgentやRelayをアップデートまたはアンインストールする際は、Agentセルフプロテクションを無効にしておく必要があります。この操作を行うには、Deep Security Managerで、コンピュータエディタClosedコンピュータエディタを開くには、[コンピュータ] 画面に移動し、編集するコンピュータをダブルクリック (またはコンピュータを選択して [詳細] をクリック) します。の [設定]→[一般] に移動します。[Agentセルフプロテクション] で、[ローカルのエンドユーザによるAgentのアンインストール、停止、または変更を拒否] の設定をオフにするか、ローカルでオーバーライドするためのパスワードを入力します。

Windowsの [コントロール パネル] で、[プログラムの追加と削除] を選択します。[Trend Micro Deep Security Agent] をダブルクリックして、[削除] をクリックします。

次のコマンドを使用して、コマンドラインからアンインストールすることもできます。

msiexec /x <拡張子を含むパッケージ名>

サイレントアンインストールを実行する場合は、「/quiet」を追加します。

Relayをアンインストールする (Linux)

CentOS、Amazon Linux、Oracle Linux、SUSE、CloudLinuxなど、Red Hatパッケージマネージャ (rpm) を使用するプラットフォームで作成したRelayや設定ファイルを完全に削除する場合は、次のコマンドを入力します。

# sudo rpm -ev ds_agent
Stopping ds_agent: [ OK ]
Unloading dsa_filter module [ OK ]

Relay有効化済みAgentのインストール前にiptablesが有効になっていた場合は、Relay有効化済みAgentをアンインストールするときに再度有効になります。

Deep Security Managerの管理対象コンピュータのリストからRelay有効化済みAgentを削除し、さらにRelayグループから削除してください。

Deep Security Agentをアンインストールする

WindowsでDeep Security AgentやRelayをアップデートまたはアンインストールする際は、Agentセルフプロテクションを無効にしておく必要があります。この操作を行うには、Deep Security Managerで、コンピュータエディタClosedコンピュータエディタを開くには、[コンピュータ] 画面に移動し、編集するコンピュータをダブルクリック (またはコンピュータを選択して [詳細] をクリック) します。の [設定]→[一般] に移動します。[Agentセルフプロテクション] で、[ローカルのエンドユーザによるAgentのアンインストール、停止、または変更を拒否] の設定をオフにするか、ローカルでオーバーライドするためのパスワードを入力します。

Agentをアンインストールする (Windows)

WindowsでDeep Security AgentやRelayをアップデートまたはアンインストールする際は、Agentセルフプロテクションを無効にしておく必要があります。この操作を行うには、Deep Security Managerで、コンピュータエディタClosedコンピュータエディタを開くには、[コンピュータ] 画面に移動し、編集するコンピュータをダブルクリック (またはコンピュータを選択して [詳細] をクリック) します。の [設定]→[一般] に移動します。[Agentセルフプロテクション] で、[ローカルのエンドユーザによるAgentのアンインストール、停止、または変更を拒否] の設定をオフにするか、ローカルでオーバーライドするためのパスワードを入力します。

Windowsの [コントロール パネル] で、[プログラムの追加と削除] を選択します。[Trend Micro Deep Security Agent] をダブルクリックして、[削除] をクリックします。

次のコマンドを使用して、コマンドラインからアンインストールすることもできます。

msiexec /x <拡張子を含むパッケージ名>

サイレントアンインストールを実行する場合は、「/quiet」を追加します。

Agentをアンインストールする (Linux)

CentOS、Amazon Linux、Oracle Linux、SUSE、CloudLinuxなど、Red Hatパッケージマネージャ (rpm) を使用するプラットフォームで作成したAgentや設定ファイルを完全に削除する場合は、次のコマンドを入力します。

# sudo rpm -ev ds_agent
Stopping ds_agent: [ OK ]
Unloading dsa_filter module [ OK ]

Deep Security Agentのインストール前に、iptablesが有効になっていた場合は、Agentをアンインストールするときに再度有効になります。

プラットフォームでDebianやUbuntuなどのDebianパッケージマネージャ (dpkg) を使用している場合は、次のコマンドを入力します。

$ sudo dpkg -r ds-agent

Removing ds-agent...

Stopping ds_agent:.[OK]

Agentをアンインストールする (Solaris 10)

次のコマンドを入力します。

pkgrm ds-agent

(アンインストール後に再起動が必要になる場合があります)

Agentをアンインストールする (Solaris 11)

次のコマンドを入力します。

pkg uninstall ds-agent

アンインストールの際に再起動が必要になる場合があります。

Agentをアンインストールする (AIX)

次のコマンドを入力します。

installp -u ds_agent

Agentをアンインストールする (HP-UX)

次のコマンドを入力します。

swremove ds_agent

Deep Security Notifierをアンインストールする

Windowsの [コントロール パネル] で、[プログラムの追加と削除] を選択します。[Trend Micro Deep Security Notifier] をダブルクリックして、[削除] をクリックします。

コマンドラインからアンインストールするには、次のコマンドを入力します。

msiexec /x <拡張子を含むパッケージ名>

サイレントアンインストールを実行する場合は、「/quiet」を追加します。

Deep Security Managerをアンインストールする

Managerをアンインストールする (Windows)

Windowsの [スタート] メニューで、[Trend Micro]→[Trend Micro Deep Security Managerアンインストーラ] を選択し、ウィザードの手順に従って、アンインストールを完了します。

コマンドラインから上記と同じWindowsのGUIを起動してアンインストールするには、次のコマンドを入力します。

<installation folder>\Uninstall.exe

WindowsのGUIを使用せず、コマンドラインからサイレントアンインストールするには、「-q」オプションを追加します。

<installation folder>\Uninstall.exe -q

コマンドラインからのサイレントアンインストール時には設定ファイルが維持されるため、以降に再インストールを実行した場合、インストーラが自動で既存の設定を流用して修復、アップグレードを行います。このため、情報を再度入力する必要はありません。

Managerをアンインストールする (Linux)

コマンドラインからアンインストールを行うには、インストールフォルダに移動して次の内容を入力します。

sudo ./uninstall

サイレントアンインストールを実行する場合は、「-q」を追加します。

初期設定では、コマンドラインからのサイレントアンインストール時には設定ファイルが維持されるため、以降に再インストールを実行した場合、インストーラが自動で既存の設定を流用して修復、アップグレードを行います。このため、情報を再度入力する必要はありません。

アンインストール中に設定ファイルを維持しないように選択した場合は、後でDeep Security Managerを再インストールする際に、事前に手動でクリーンナップを実行する必要があります。Deep Security Managerのインストールディレクトリを削除するには、次のコマンドを入力します。

sudo rm -rf <インストール場所>

初期設定のインストール場所は「/opt/dsm」です。