本ヘルプセンターは英語版を翻訳したものです。また、一部には翻訳ソフトウエアにより機械的に翻訳した内容が含まれます。翻訳については順次対応しておりますが、最新の情報になっていない場合があります。最新の情報は英語版のページでご確認ください。表示言語は、画面右上の言語名をクリックして切り替えられます。

本ヘルプセンターの一部の記事には外部リンクが含まれています。リンク切れなどお気づきの点がございましたら、トレンドマイクロサポート窓口までご連絡ください。

Deep Security APIを使用したタスクの自動化

Deep Security 11.1以降には、Deep Securityを使用したセキュリティのプロビジョニングとメンテナンスを自動化できる新しいRESTful APIが追加されています。Deep Security Automation Centerにアクセスし、任意の言語でSDKをダウンロードして、APIの使用方法を次の資料で確認します。

  • APIリファレンス
  • 豊富なコード例が記載されたタスク中心のガイド
  • サポートリソース

このAPIは継続的にアップデートされ、新しい機能や改良が加えられています。新しいAPIが自動化のニーズに合っている場合は、新しい自動化プロジェクトを開始する際に、今後も継続的なサポートとメンテナンスを長期にわたって受けられるこのAPIを使用することをお勧めします。

このAPIの使用を開始するには、Deep Security Automation Centerにあるガイド「First Steps Toward Deep Security Automation」を参照してください。

従来のREST APIおよびSOAP API

Deep Security 11.1より前に提供されたREST APIおよびSOAP APIは変更されていません。これらはすでに非推奨となっているため、新しい機能は追加されませんが、既存のAPI機能は引き続き通常どおりに機能します。

Deep Securityには引き続き従来のREST APIおよびSOAP APIも含まれています。これらのAPIの使用方法については、Deep Security Automation Centerにある次のガイドを参照してください。

以降のセクションでは、SOAP APIおよびREST APIの使用に関連するタスクをDeep Security Managerで完了する方法について説明します。どのような場合にこれらのタスクを実行する必要があるかについては、上記のガイドを参照してください。

Webサービスユーザアカウントを作成する

Webサービスアクセス専用の役割を作成し、新しいユーザに割り当てます。

  1. Deep Security Managerで、[管理][ユーザ管理][役割] の順に選択します。
  2. [新規] をクリックします。
  3. [Deep Security Managerユーザインタフェースへのアクセスを許可] チェックボックスをオフにし、[WebサービスAPIへのアクセスを許可] チェックボックスをオンにします。
  4. 他の設定がすべて完了したら、[保存] をクリックします。
  5. [管理][ユーザ管理][ユーザ] に進み、[新規] をクリックします。
  6. WebサービスAPIでのみ使用する新しいユーザを作成します。先に作成した新しい役割をこのユーザに割り当てます。
    新しいユーザアカウントのユーザ名とパスワードを書き留めてください。