Deep Security Agentのアップグレード

ソフトウェアのアップグレードは、Deep Security Managerまたはサードパーティの配置システムから開始できます。

このトピックの内容:

アップグレードを開始する前に

エージェントのアップグレードを開始する前に:

  1. アップグレードするエージェントコンピュータをバックアップします。各エージェントのシステム復元ポイントまたはVMスナップショットを作成します。
  2. すべてのDeep Securityリレーをアップグレードします。 Deep Security Relayのアップグレードを参照してください。

    エージェントのアップグレードを開始する前に、すべてのリレーをアップグレードする必要があります。そうしないと、アップグレードが失敗する可能性があります。

次に、以下のプラットフォーム固有の注意事項を確認し、推奨されるタスクを完了します。

これで、このトピックで説明するいずれかの方法を使用してエージェントをアップグレードする準備が整いました。

アラートからAgentをアップグレードする

新しいAgentソフトウェアバージョンが利用可能になると、[アラート] にメッセージが表示されます。

  1. アラートで [詳細の表示] をクリックし、[旧版のコンピュータをすべて表示] をクリックします。
    コンピュータ が表示され、 ソフトウェアアップデートステータス旧版であるすべてのコンピュータが表示されます。「古い」とみなされるのは、設定したバージョンコントロールルールによって決まります。詳細については、 エージェントのバージョン管理を設定するの設定を参照してください。
  2. [クライアント]ページからエージェントをアップグレードします。 または エージェントを手動でアップグレードする

複数のエージェントを一度にアップグレードする

  1. Deep Security Managerで、[ 管理]→[アップデート]→[ソフトウェア]の順に選択します。
  2. メイン画面で、[ Computers ]セクションの下を参照して、アップグレードが利用可能なクライアントまたは仮想アプライアンスが実行中であることを確認します。このチェックは、Deep Securityにインポートされたソフトウェアに対してのみ実行され、ダウンロードセンターから入手可能なソフトウェアに対しては実行されません。
  3. [ Upgrade Agent / Appliance Software ]をクリックして、古いコンピュータをすべてアップグレードします。「古い」とみなされるのは、設定したバージョンコントロールルールによって決まります。詳細については、 エージェントのバージョン管理を設定するの設定を参照してください。

[クライアント]ページからエージェントをアップグレードします。

  1. Deep Security Managerで、 Computersに移動し、次の手順を実行します。
    • アップグレードするコンピュータを右クリックし、[処理]→[クライアントソフトウェアのアップグレード]の順に選択します。

      または

    • アップグレードするコンピュータを選択し、上部の Actions ボタンをクリックし、[ Upgrade Agent Software]を選択します。

      または

    • アップグレードするコンピュータをダブルクリックし、[コンピュータの詳細]ダイアログボックスで[ Upgrade Agent ]ボタンをクリックします。

    失敗を防ぐには、Agentの前にRelayをアップグレードする必要があります。詳細を表示。リレーを識別するには、リレーアイコン( ).

  2. 表示されたダイアログボックスで、[Agentバージョン] を選択します。初期設定の [プラットフォーム用の最新バージョンを使用 (X.Y.Z.NNNN)] を選択することをお勧めします。[次へ] をクリックします。

アクティベーション時にエージェントをアップグレードする

LinuxまたはWindowsにDeep Security Agentがインストールされている場合は、エージェントのアクティベーション時またはアクティベーション時にDeep Security as a Service と互換性のある最新のソフトウェアバージョンにエージェントを自動的にアップグレードするように選択できます。詳細については、Agentを有効化するときに自動的にアップグレードするを参照してください。

エージェントを手動でアップグレードする

Deep Security Managerからエージェントソフトウェアをアップグレードできないことがあります。理由は次のとおりです。

  • マネージャとクライアントコンピュータ間の接続に制限があります。
  • エージェントソフトウェアが古すぎます。マネージャはサポートを停止しています。
  • サードパーティ製のシステムを使用してアップグレードを展開することをお勧めします。

上記のシナリオのいずれかで状況が説明されている場合は、インストーラを手動で実行してエージェントをアップグレードできます。この方法は、OSによって異なります。

エージェントのベストプラクティスをアップグレードする

エージェントサーバで重大なワークロードが実行されている場合は、アップグレード時に次のベストプラクティスに従うことをお勧めします。

  • コンピュータの使用率が低い場合にアップグレードします。
  • 実稼働サーバをアップグレードする前に、準備環境でアップグレード手順をテストします。
  • 実稼働サーバをアップグレードする場合、最初の数台については、1台ずつアップグレードします。各サーバのアップグレードは、それぞれ十分な間隔を空けてから行います。
  • Solarisのバージョンごとに数台の実稼働サーバが正常にアップグレードされたことを確認できたら、残りのサーバは一括でアップグレードできます。