本ヘルプセンターは英語版を翻訳したものです。また、一部には翻訳ソフトウエアにより機械的に翻訳した内容が含まれます。翻訳については順次対応しておりますが、最新の情報になっていない場合があります。最新の情報は英語版のページでご確認ください。表示言語は、画面右上の言語名をクリックして切り替えられます。

本ヘルプセンターの一部の記事には外部リンクが含まれています。万一リンク切れなどお気づきの点がございましたら、お手数ですが弊社サポート窓口までご連絡ください。

メール通知のSMTPの設定

選択したアラートが実行されると、 Deep Security Managerはユーザにメールを送信できます( アラートの設定を参照)。メール通知を設定する前に、 Deep Security ManagerにSMTPメールサーバへのアクセス権を付与する必要があります。

  1. [管理]→[システム設定]→[SMTP] の順に選択します。
  2. SMTPメールサーバのIPアドレスまたはホスト名を入力します。初期設定のポート番号以外を使用する場合は、ポート番号を含めてください。

    AWSでは、SMTPのIANA標準ポート番号 (ポート25) を経由するメールは調整されます (速度が制限されます)。AWS Marketplaceを使用する場合は、SMTP over STARTTLS (セキュアなSMTP) を代わりに使用すると、アラートを速く配信できる可能性があります。詳細については次を参照してください。

    https://docs.aws.amazon.com/ses/latest/DeveloperGuide/smtp-connect.html

  3. メールの送信元とする「送信元」メールアドレスを入力します。

    Amazon SESを使用している場合は、送信者のメールアドレスを検証する必要があります。Amazon SESでメールアドレスを検証する方法と検証済みのアドレスリストを表示する方法については、次のページを参照してください。

    https://docs.aws.amazon.com/ses/latest/DeveloperGuide/verify-email-addresses.html

  4. オプションで、アラートメールを1人以上のユーザに配信できなかった場合に配信不能通知 (DSN) を送信する「バウンス」メールアドレスを入力します。
  5. SMTPサーバで送信認証が必要な場合は、ユーザ名とパスワードの資格情報を入力します。
  6. SMTPサーバがSTARTTLSプロトコルをサポートする場合は、そのプロトコルを選択します。(STARTTLSはFIPSモードでサポートされていません。FIPS 140-2のサポートを参照してください。)
  7. 必要な情報を入力したら、[SMTP設定のテスト] をクリックして接続をテストします。