本ヘルプセンターは英語版を翻訳したものです。また、一部には翻訳ソフトウエアにより機械的に翻訳した内容が含まれます。翻訳については順次対応しておりますが、最新の情報になっていない場合があります。最新の情報は英語版のページでご確認ください。表示言語は、画面右上の言語名をクリックして切り替えられます。

本ヘルプセンターの一部の記事には外部リンクが含まれています。万一リンク切れなどお気づきの点がございましたら、お手数ですが弊社サポート窓口までご連絡ください。

Deep Security Managerの新機能

長期サポートLTSリリースのリリースノートについては、Deep Security Manager 12.0 Readmeを参照してください。

以前のリリースノートについては、「 Deep Security Managerのリリースノート」( Deep Security Managerのリリースノートのアーカイブ

Deep Security Manager-12.0 update 18

リリース日:2021年5月27日

ビルド番号:12.0.503

新機能

  • 不正プログラム対策 の「Identified Files」データを.CSVファイルにエクスポートする際に、 Deep Security ManagerがSHA-1値を含むようにアップデートしました。 DSSEG-6911

解決済みの問題

  • データベース接続が不安定な場合、 Deep Security Managerで予約タスクの処理が停止することがありました。 SEG-102044 / SF04236155 / DSSEG-6689

Deep Security Manager - 12.0 update 17

リリース日:2021年4月26日

ビルド番号:12.0.501

解決済みの問題

  • タグによるスマートフォルダのフィルタ処理が、自動タグ設定(イベント&レポート>(イベントタイプの選択)>自動タグ設定)で追加された新しいイベントに対して正しく機能していませんでした。 SEG-103100 / SF04264168 / DSSEG-6732
  • Azureコネクタ(コンピュータ>コンピュータ>右クリックAzureコネクタ>プロパティ>接続)のパスワードをアップデートすると、 Deep Security Managerとの接続が切断されることがあります。 SEG-97244 / SF04027400 / DSSEG-6628
  • Deep Security Managerの「セキュリティ更新プログラムの概要」(管理>アップデート>セキュリティは)時々、管理>予約タスクがあった場合でも、「予約タスクなし」を示しました。 SEG-97381 / DSSEG-6764
  • マルチテナント設定では、 Deep Security Managerに接続に問題があります。 DSSEG-6469
  • 「ライセンス情報の表示」URLが、[ライセンスのプロパティ]メニュー([管理] [>ライセンス] [>の詳細の表示] )で破損しています。 SEG-104258 / SF04308332 / DSSEG-6768

Deep Security Manager - 12.0 update 16

リリース日: 2021年3月22日

ビルド番号: 12.0.493

解決済みの問題

  • Deep Security Managerは、いくつかのケースでは、Relayの間違ったバージョンをインストールしました。 DSSEG-6604

セキュリティアップデート

本Updateには、セキュリティアップデートが含まれています。脆弱性への対策の詳細については、 脆弱性対策を参照してください。 CVEの詳細は、「責任ある開示」の慣行に沿って、影響を受ける全てのリリースに対するパッチが公開された後に開示され、脆弱性対策は特定のセキュリティアップデートでのみ利用可能となる点にご注意ください。 DSSEG-6574

CVSSスコア: 7.5

重大度: 高

Deep Security Manager - 12.0アップデート15

リリース日:2021年1月28日

ビルド番号:12.0.490

新機能

  • Deep Security Managerがアップデートされ、スマートフォルダの[コンピュータの説明]フィールドが検索条件として使用可能になりました(Computers&スマートフォルダ)。 SEG-85288 / DSSEG-6436

解決済みの問題

  • 複数のIPを持つDeep Security Agentの優先IPアドレスの設定に使用されるDeep Security Managerコンソールコマンドが機能しない場合があり、一部のエージェントを接続できないことがありました。 DSSEG-6521
  • セキュリティログ監視 ルールまたは 侵入防御 ルールを追加したときに、Webアプリケーション ファイアウォール によってページがブロックされることがありました。 SEG-87396 / SF03668760 / DSSEG-6283
  • 不正プログラム対策 [予約タスク Skipped]イベントが発生せず、タイムアウトになった予約検索タスクが再度開始されることがありました。 SEG-95139/03837423 / DSSEG-6548
  • の管理 > システム設定 > ストレージでの [次の期間を超過したサーバログを自動的に削除する] 設定が、テナントに表示されました (プライマリテナントにのみ登場するはずでした)。DSSEG-6483
  • 不正プログラム対策 リアルタイム検索を使用してDeep Security Agentが実行されていた場合、関連のないアプリに対してランダムな障害が発生することがありました。 SEG-85142/03527705 / DSSEG-6082

Deep Security Manager - 12.0 update 14

リリース日:2020年11月12日

ビルド番号:12.0.484

解決済みの問題

  • vCloud Director VMでの予約検索が機能しませんでした。SEG-82971 / SF03421234 / DSSEG-6037
  • ダッシュボードの[不正プログラム検索ステータス]ウィジェットで間違ったデータが表示されることがありました。SEG-81776/03398406 / DSSEG-6359
  • Deep Security ManagerとDeep Security Agentとの間のTLS通信に使用される証明書の自動更新メカニズムが期待どおりに機能していません。有効期限が切れた証明書が原因で、マネージャとエージェントが互いに通信できなくなり、多くのオフラインクライアントがWebコンソールに表示されていました。SEG-79146 / SF03240076 / DSSEG-6321
  • vCentersがDeep Security Managerとの同期を試行したときに問題が発生することがありました。SEG-90204 / SF03773453 / DSSEG-6382

Deep Security Manager 12.0 update 13

リリース日:2020年10月1日

ビルド番号:12.0.480

新機能

  • Deep Security Managerの[ユーザのプロパティ]ページに表示されるポケットベル番号、電話番号、またはモバイル番号は、30桁を超えるように設定できます。SEG-80854 / SF03098096 / DSSEG-5890
  • Deep Securityは、ソフトウェア・ファイルが署名時以降に変更されていないことを確実にするためのDeep Securityエージェントの署名を検証します。DSSEG-5874

解決済みの問題

  • 一部の 侵入防御 ルールは、[検出のみ]モードでのみ動作するように設計されていますが、ポリシーとコンピュータページでその動作を変更できました。SEG-83700 / SF03456778 / DSSEG-5998
  • ダッシュボードの「ランサムウェアイベント履歴」ウィジェットに、間違った情報が表示されました。SEG-86045 / SF03618147 / DSSEG-6142
  • MasterAdminがすべてのコンピュータに対して予約タスクを作成できませんでした。SEG-86413 / SF03320936 / DSSEG-6131

Deep Security Manager 12.0 update 12

リリース日:2020年8月19日

ビルド番号:12.0.473

解決済みの問題

  • セキュリティログ監視データベース破損の問題が発生した場合、Deep Security Managerのセキュリティログ監視のステータスには影響しませんでした。SEG-77081/02984526 / DSSEG-5726
  • タスクの作成時に不正な挙動が発生した、予約タスクに関する権限の問題がありました。SEG-78610 / SF03320936 / DSSEG-5752
  • vCloudでインポートされたVMをアクティベーションできませんでした。SEG-75542/03189161 / DSSEG-5813
  • Deep Security Virtual ApplianceをESXi 7.0のNSX-V 6.4.7にインストールした場合、Deep Security Manager 12へのアップグレードがブロックされました。SEG-82636,/SEG-82637 / DSSEG-5926
  • Deep Security Managerのダッシュボードにあるコンピュータステータスウィジェットに、管理下のコンピュータの正しい数が表示されませんでした。SEG-80171/03189161 / DSSEG-5885

セキュリティアップデート

本Updateには、セキュリティアップデートが含まれています。脆弱性への対策の詳細については、 脆弱性対策を参照してください。 CVEの詳細は、「責任ある開示」の慣行に沿って、影響を受ける全てのリリースに対するパッチが公開された後に開示され、脆弱性対策は特定のセキュリティアップデートでのみ利用可能となる点にご注意ください。DSSEG-5814 / VRTS-4652/03296737 / DSSEG-5772

CVSSスコア:9.8

重大度:重大

Deep Security Manager 12.0 update 11

リリース日:2020年7月9日

ビルド番号:12.0.466

新機能

  • 「活性化にアップグレード」機能は、最後の二つのメジャーリリースから、コンピュータ上のエージェントをアップグレードします。エージェントが条件を満たしていない場合、 エンドツーエンドのメジャーリリース内のリリースにエージェントを手動でアップグレードする必要があります。その後、「アクティベーション時のアップグレード」機能が新しいバージョンを検出し、指定されたリリースへのアップグレードを完了します。DSSEG-5715

解決済みの問題

  • 別のソフトウェアパッケージを同じ名前で再インポートした場合、パッケージは変更されていないと見なされます。DSSEG-5707
  • 初期設定のSSL設定の説明が誤解を招くようになりました。SEG-68686 / DSSEG-5191
  • ポリシーの[共通オブジェクト]→[ セキュリティログ監視 ルールの セキュリティログ監視 ルール「1002729 - 初期設定ルールの設定」でプロパティが変更されたときにエラーが発生しました。SEG-77260 / SF03263573 / DSSEG-5727

セキュリティアップデート

本Updateには、セキュリティアップデートが含まれています。脆弱性への対策の詳細については、 脆弱性対策を参照してください。 CVEの詳細は、「責任ある開示」の慣行に沿って、影響を受ける全てのリリースに対するパッチが公開された後に開示され、脆弱性対策は特定のセキュリティアップデートでのみ利用可能となる点にご注意ください。

  • 最も高いCVSSスコア:8.1(AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H))
  • 最高の重大度:高

DSSEG-5738 / DSSEG-5886 / DSSEG-5744

Deep Security Manager 12.0 update 10

リリース日:2020年5月28日

ビルド番号:12.0.458

新機能

管理と品質の向上

インスタンスメタデータサービスバージョン2(IMDSv2)のサポート:IMDSv2は、 Deep Security Agent 12.0アップデート10でサポートされます。詳細については、「 Deep Security AgentはAmazonインスタンスメタデータサービスをどのように使用しますか 」を参照してください。DSSEG-5463

新機能

  • イベント&レポート>予約レポートページが更新されました。これにより、失敗の可能性があるレポートを作成できなくなります。予約レポートを作成する前に設定する必要があるアラートが表示されます。SEG-72578/02958064 / DSSEG-5525

解決済みの問題

  • リアルタイムの不正プログラム対策検索で検出の問題が発生しました。SEG-72928 / SF03050515 / DSSEG-5452
  • 大規模なボディを持ついくつかのメールがキューに入れられたとき、バッチではなくすべてを一度にロードしていたため、大量のメモリが使用されていました。SEG-71863 / SF03024164 / DSSEG-5628
  • ファイアウォールルール、侵入防御ルール、変更監視ルール、またはセキュリティログ監視ルールが、APIを使用してコンピューターで追加、更新、または削除されましたが、ポリシーはコンピューターに送信されませんでした。SEG-74583 / SF03099843 / DSSEG-5481

セキュリティアップデート

本Updateには、セキュリティアップデートが含まれています。脆弱性への対策の詳細については、 脆弱性対策を参照してください。 CVEの詳細は、「責任ある開示」の慣行に沿って、影響を受ける全てのリリースに対するパッチが公開された後に開示され、脆弱性対策は特定のセキュリティアップデートでのみ利用可能となる点にご注意ください。DSSEG-5540 / DSSEG-5605 / SEG-70989 / SF02964497 / DSSEG-5653 / DSSEG-5652

最も高いCVSSスコア:6.5

重大度:中

Deep Security Manager 12.0 update 9

リリース日:2020年5月4日

ビルド番号:12.0.446

新機能

  • メモリ消費量を削減し、ページのロードに費やされた時間を削減することで、[Computers]ページが改善されました.SEG-69380 / DSSEG-5437
  • Deep Security Managerがアップデートされ、仮想マシンのハードウェア情報が不足していてもvCloudアカウントを追加できるようになりました。SEG-72729 / SF03054267 / DSSEG-5354
  • Windows Server 2019のサポートが追加されました。DSSEG-5213

解決済みの問題

  • Active Directoryとの同期が終了しないことがある問題がありました。SEG-52485 / DSSEG-5477
  • 「放置」とマークされた不正プログラム対策イベントは、ダッシュボードまたは不正プログラム対策イベントで正しくカウントされませんでした。SEG-70872 / SF02904003 / DSSEG-5278
  • Deep Security Agentは、複数のコンポーネントを同時に使用できる場合に、ソフトウェアコンポーネントをリレーからダウンロードできないことがありました。SEG-66691 / DSSEG-5444
  • ダッシュボードで+ボタンをクリックしたときに、[新規ダッシュボード名]フィールドに新しいエントリを入力できませんでした。DSSEG-5535
  • Oracleデータベースで問題が発生したため、ルールのアップデートを適用できませんでした。DSSEG-5357

セキュリティアップデート

本Updateには、セキュリティアップデートが含まれています。脆弱性への対策の詳細については、 脆弱性対策を参照してください。DSSEG-5307 / DSSEG-5580

Deep Security Manager-12.0 update 8

リリース日:2020年4月1日

ビルド番号:12.0.426

新機能

プラットフォームのサポートの強化

  • Red Hat Enterprise Linux 8 (64ビット)

新機能

  • [システム情報]画面のメモリに関連する説明が更新され、より正確で理解しやすくなりました。(DSSEG-5134)
  • 不正プログラム対策の処理に失敗すると、結果が[Syslog結果]フィールドに表示されます。(SEG-69456/SF02896227/DSSEG-5300)
  • Deep Security Managerのインストールログのローテーションが追加されました。(SEG-66918/02765043/DSSEG-5126)

解決済みの問題

  • Deep Security Managerでは、パートナOVFがVMwareによって署名されている場合、NSX-TがNSX-Tで確認する必要のあるファイルをダウンロードできませんでした。その結果、DSVAのOVFを適切に配置できませんでした。(DSSEG-5195)
  • 変更監視が有効になっていると、次の警告メッセージが表示されました:「セキュリティアップデート: Agents/Appliance でのパターンファイルのアップデート失敗」。(SEG-67859/DSSEG-5265)
  • 複数のレポートを同時に生成している場合、レポートデータが正しくないことがあります。(SEG-71688/SF03011491/DSSEG-5289)

Deep Security Manager-12.0 update 7

リリース日:2020年2月28日

ビルド番号:12.0.416

拡張機能

  • 管理>ユーザ管理>の役割>新しい>コンピュータ権限>の選択されたコンピュータに進行状況バーが追加され、ページのロード状況を確認できます。(SEG-61331/DSSEG-4941)
  • 画像ファイルが繰り返しブラウザにダウンロードされると、パフォーマンスが向上します。(SEG-64280/DSSEG-5141)

解決された問題

  • ダッシュボードで「タグなし」フィルタが選択された場合、一部のウィジェットでは引き続きタグ付きアイテムが表示されます。(SEG-63290/SF02585007/DSSEG-4910)
  • コンピュータリストで「ソフトウェアアップデートステータス」が正しく検索されない問題がありました。これにより、コンピュータリストおよび該当するコンピュータを表示するためにリストを使用していた「旧版」のコンピュータレポートとウィジェットに影響が生じました。(SEG-62740/DSSEG-4840)
  • テナントでのPortScanの実行が許可されていない場合、仮想マシンのファイアウォールのステータスはアップデートされませんでした。(SEG-63713/SF02554452/DSSEG-5041)
  • マルチテナントのセットアップのテナントは、リレーをプライマリテナントの中継グループに移動できます。これにより、リレーが「Relay」画面から消えてしまいます。テナントは現在、リレーをプライマリテナントリレーグループに移動できません。(SEG-57715/02322762/DSSEG-5240)
  • PostgreSQLを使用しているDeep Security Managerによって、イベントがAWS SNSに転送されていないことがありました。(SEG-67362/SF02798561/DSSEG-5077)
  • ウイルス検索リビルドベースラインのボタンがグレー表示され、[コンピュータ] [>コンピュータの詳細]で無効になりました。対応する操作が完了した後であっても、>変更監視>一般を参照してください。(SEG-69921/02932025/DSSEG-5229)
  • 推奨設定に基づいて侵入防御ルールが割り当てまたは割り当て解除された場合、ポリシーエディタのパフォーマンスが低下し、推奨事項が適用されませんでした。(SEG-63540/SF02573474/DSSEG-4965)
  • Deep Security Managerで、要約レポートの生成に失敗することがありました。(SEG-68840/SF02850674/DSSEG-5165)
  • vCloudコネクタを追加すると、vCloud Directorのバージョン9.7以降でSDKがサポートされていないため失敗しました。(DSSEG-5185)
  • Agentレス保護は、vCloud Directorバージョン9.5以降では機能しませんでした。(DSSEG-5185)

セキュリティアップデート

本Updateには、セキュリティアップデートが含まれています。脆弱性への対策の詳細については、 脆弱性対策を参照してください。(DSSEG-5230/DSSEG-5140/DSSEG-5171)

  • JREを最新のバンドルパッチリリース(8.0.241 / 8.43.0.6).)にアップデートしました。(DSSEG-5180)

Deep Security Manager-12.0 update 6

リリース日:2020年1月17日

ビルド番号:12.0.393

新機能

  • 「TrendMicroDsPacketData」フィールドがDeep Security Manager経由でSyslog転送されるファイアウォールイベントに追加されました。(DSSEG-4856)
  • 挙動監視で.dllsが検出されないようにするには、次のhiddenコマンドを追加しました。
  • dsm_c -action changesetting -name com.trendmicro.ds.antimalware:settings.configuration.bmExploitLoadRemoteLibExceptionList -value "abc.dll;123.dll"

    この強化を実装するには、ポリシーをDeep Security Agentに送信します。

    基本名「123.dll」に加えて、ワイルドカードもサポートされています。「\ 10.1.1.1\remote *」などの値を追加できます。このリモートパス内のすべての.dllは検出されません。(DSSEG-4976)

解決済みの問題

  • 「セキュリティモジュール使用状況レポート」のCSV出力の列名の一部がデータ列とずれています。(SEG-66258/SF02718206/DSSEG-5029)
  • [不正プログラム検索設定]画面(Computers/Policies>不正プログラム対策>一般>手動検索>編集>Advanced]を選択し、圧縮圧縮ファイルを選択)抽出するファイルの最大数設定を0に設定できませんでした。意味は無制限です。(SEG-65997/02685854/DSSEG-5040)
  • 拡張イベントの説明を送信するオプションが有効になっていると、外部Syslogサーバへのイベント配信が遅くなりました。これにより、Syslogサーバにイベントが到着するまでに許容されない遅延が発生します。(DSSEG-4984)
  • Deep Security Managerで新しいダッシュボードを追加するときに、[ダッシュボード]画面で[+]をクリックしてEnterキーを何回か押した場合、複数のダッシュボードが作成され、最初のダッシュボードがウィジェットを失います。(DSSEG-5089)
  • [バージョン]フィールドに値が含まれていて、値が「N/A".」の場合、[コンピュータ]ページの詳細検索が正常に実行されませんでした。(SEG-66513/02740746/DSSEG-5106)

セキュリティアップデート

本Updateには、セキュリティアップデートが含まれています。脆弱性への対策の詳細については、 脆弱性対策を参照してください。(DSSEG-5056)