本ヘルプセンターは英語版を翻訳したものです。また、一部には翻訳ソフトウエアにより機械的に翻訳した内容が含まれます。翻訳については順次対応しておりますが、最新の情報になっていない場合があります。最新の情報は英語版のページでご確認ください。表示言語は、画面右上の言語名をクリックして切り替えられます。

本ヘルプセンターの一部の記事には外部リンクが含まれています。万一リンク切れなどお気づきの点がございましたら、お手数ですが弊社サポート窓口までご連絡ください。

Deep Security Managerのメモリ使用量の設定

インストーラの最大メモリ使用量を設定する

初期設定で、インストーラは連続する1GBのメモリを使用するように設定されています。インストーラの実行に失敗する場合は、インストーラで使用するメモリを少なく設定することもできます。

  1. インストーラのあるディレクトリに移動します。
  2. インストールプラットフォームに応じて、「Manager-Windows-xx.x.xxxx.x64.exe.vmoptions」または「Manager-Linux-xx.x.xxxx.x64.sh.vmoptions", 」という新しいテキストファイルを作成します(「xx」 .x.xxxx "はインストーラのビルド番号です).
  3. ファイルに「-Xmx800m」という行を追加します (この例では、インストーラで使用可能なメモリが800MBに設定されます)。
  4. ファイルを保存して、インストーラを起動します。

Deep Security Managerの最大メモリ使用量を設定する

Deep Security ManagerのManager JVMプロセスに割り当てられるメモリの初期設定は4GBです。この設定は変更することができます。

  1. Deep Security Managerのインストールディレクトリに移動します (Deep Security Managerの実行可能ファイルと同じディレクトリです)。
  2. 新しいファイルを作成します。プラットフォームに応じて、次のように名前を付けます。
    • Windows: Deep Security Manager.vmoptions
    • Linux: dsm_s.vmoptions
  3. ファイルに「-Xmx10g 」という行を追加します (この例では「10g」を指定することにより、Deep Security Managerで10GBのメモリを使用できるようになります)。
  4. ファイルを保存し、Deep Security Managerを再起動します。
  5. 新しい設定内容を確認するには、[管理]→[システム情報] に進み、[システムの詳細] エリアで、[Managerノード]→[メモリ] を展開します。[最大メモリ] に新しい設定内容が表示されます。