Deep Securityのリリースライフサイクルとサポートポリシー

Deep Securityのリリースには2種類あります。

  • メジャーリリース: 毎年リリースされます。新機能、バグフィックス、機能強化が含まれ、長期間のサポートが提供されます。
  • 機能リリース:機能リリースは、メジャーリリース間でリリースされ、新機能への早期アクセスを提供します。(詳細については、 Feature Release .)を参照してください。機能リリースには、サポート期間が短く含まれています。機能のリリース機能は累積的で、最終的に次のメジャーリリースにロールバックされます。

メジャーリリースはより長期的な適用サイクルに対応しているため、新機能をいち早く採用することよりも持続性を優先する場合は、メジャーリリースを入手するよう選択することもできます。ただし、新機能が即時の要件に対してより重要になった場合は、次のメジャーリリースがリリースされる前に機能リリースを入手できます。

このページのトピック:

メジャーリリースのサポートのマイルストーン

次の表に、メジャーリリースのライフサイクルのマイルストーンと、リリースの初回提供を基準とした時期を示します。

ライフサイクルのマイルストーン 時期 (グローバル)
一般提供 (GA) GA (毎年)
標準サポートの終了 (その後は延長サポートのみ利用可能) GA + 3年
サポート終了 (延長サポートの終了) GA + 5年

サポート終了製品のリストを公開しています。

メジャーリリースのサポートサービス

次の表に、Deep Securityのメジャーリリースのライフサイクル中に利用可能なサポート項目を示します。

サポート項目 標準サポート 延長サポート
小規模な機能強化 (中心機能の変更なし)  
Linuxカーネルのアップデート 要求に応じて提供
一般的なバグフィックス  
重要なバグフィックス (システムクラッシュやハング、または主要機能の喪失)
重大かつ高度な脆弱性の修正
中程度および軽微な脆弱性の修正  
不正プログラム対策パターンのアップデート
侵入防御システムルール、変更監視ルール、およびセキュリティログ監視ルールのアップデート
新しいバージョンのサポート対象オペレーティングシステムにおけるAgentとDeep Security Managerのサポート  

Deep Security Agentソフトウェアは、リリースポリシーFeature Releaseで説明されているように、年に数回リリ。

Agentプラットフォームサポートポリシー

Deep Security Agentソフトウェアは、上にあるリリースポリシーに記載されているとおり、年に数回リリースされます。

Agentプラットフォーム (OS) は、以下のポリシーに従ってサポートされています。トレンドマイクロでは、お客様が特定のプラットフォームを長期にわたって使い続けなければならないケースがあることを認識しています。このポリシーは、これらの環境にDeep Securityを配信する際に予測可能性を提供するように設計されています。

エージェントプラットフォームサポートポリシー:

  • Deep Security Agentのプラットフォーム に示されているように、Agentは広範なプラットフォームでサポートされています。
  • エージェントソフトウェアの個々のリリースのサポート期間は、 Deep Securityリリースライフサイクルおよびサポートポリシーによって決定されます。たとえば、Agentのメジャーリリース (10.0、11.0など) に関しては、3年間の標準サポートと5年間の延長サポートが提供されます。特定のOSプラットフォームを長期にわたって利用する場合は、Agentソフトウェアを定期的にアップグレードして、特定のDeep Securityソフトウェアリリースのサポートライフサイクルから外れないように計画を立てる必要があります。特定のプラットフォームで古いAgentが推奨されている場合、そのAgentはソリューション全体の一部と見なされ、そのソリューション全体のサポート期間が適用されます。詳細については、以下の各項目を参照してください。
  • 各プラットフォームのサポート期間は、少なくともOSベンダによる延長サポートの終了日まで継続されます。トレンドマイクロでは、重要性に応じて、この終了日を大幅に超える長期サポートを提供する場合があります。
  • OSベンダから提供される最新のパフォーマンスアップデートおよびセキュリティアップデートを常に適用できるように、トレンドマイクロでは、Agentに対応した最新バージョンのOSに移行することを強くお勧めします。
  • トレンドマイクロは、すべてのサポート対象プラットフォーム向けに新しいバージョンのDeep Security Agentをリリースできるよう努めています。ただし、古いプラットフォームへの対応を目的に、古いリリースのAgentの利用を推奨する場合もあります。たとえば、Deep Security 11.0におけるWindows 2000向けの最新のAgentは、Deep Security Agent 9.6です。この9.6 Agentは、Deep Security 11.0ソリューション全体の一部となり、このソリューション全体のサポート期間が適用されます。
  • 特定のプラットフォームのサポートを終了する場合は必ず事前に通知します。また、一般提供 (GA) 開始後にソフトウェアリリースのサポートライフサイクルを短縮することは一切ありません。*

* OSベンダによるプラットフォームのサポートが終了すると、OSベンダのサポートなしでは解決できない技術的問題が発生するリスクが生じます。このような状況に陥った場合、トレンドマイクロは、その状況下での制限事項をただちにお客様にお伝えします。こうした状況は、機能喪失につながる可能性がありますのでご注意ください。どのような技術的問題が発生した場合でも、トレンドマイクロは最善を尽くし、その問題に対処します。