Webレピュテーションイベント

イベントに関する全般的なベストプラクティスについては、Deep Securityのイベントを参照してください。

Deep SecurityでキャプチャされたWebレピュテーションイベントを確認するには、[イベントとレポート][イベント][Webレピュテーションイベント] に移動します。

Webレピュテーションイベントで表示される情報

[Webレピュテーションイベント] 画面には次の列が表示されます。[列] をクリックして、表に表示する列を選択することができます。

  • 時刻: コンピュータ上でイベントが発生した時刻。
  • コンピュータ: このイベントのログが記録されたコンピュータ (コンピュータが削除されている場合、このエントリは「不明コンピュータ」と表示されます)。
  • URL: このイベントをトリガしたURL。
  • タグ: このイベントに関連付けられたイベントのタグ。
  • リスク: このイベントをトリガしたURLのリスクレベル。「不審」、「非常に不審」、「危険」、「未テスト」、「管理者によるブロック」などがあります。
  • ランク: イベントの重要度を数値化する手段。コンピュータの資産評価にルールの重要度を乗算して計算されます (イベントのランク付けによる重要度の数値化を参照)。
  • イベント送信元: イベントが発生したDeep Securityシステムのコンポーネントを示します。

許可するURLのリストにURLを追加する

イベントをトリガしたURLを許可するURLのリストに追加するには、イベントを右クリックして [許可リストに追加] を選択します (許可およびブロックのリストを表示または編集するには、メインの [Webレピュテーション] 画面の [除外] タブに進みます)。