Amazon SNSでのイベントへのアクセス

AWSアカウントを保有している場合、Amazon Simple Notification Service (SNS) を利用してDeep Securityイベントに関する通知を公開し、サブスクライバに配信できます。SNSの詳細については、https://aws.amazon.com/sns/を参照してください。

Amazon SNSを設定するには下記のタスクを行います。

  1. AWSユーザを作成する
  2. Amazon SNSトピックを作成する
  3. SNSを有効にする
  4. サブスクリプションを作成する

これらのタスクの実行方法については、以下のセクションを参照してください。

AWSユーザを作成する

Deep SecurityでAmazon SNSを使用するには、SNSに必要な権限を持つAWSユーザを作成する必要があります。尚、この後の手順のSNSを有効化する時にユーザの アクセスキーと秘密鍵が必要になる為、それらをメモしておきます。

作詞するAWSユーザには、Deep Securityを公開するすべてのSNSトピックに対する「sns:Publish」権限が必要です、以下は、この権限が設定されたポリシーの例です。

{ "Version":"2012-10-17", "Statement":[ { "Action":[ "sns:Publish" ], "Effect":"Allow", "Resource":"*" } ] }

公開権限を単一のトピックに制限する場合は、"Resource":"*""Resource":"TOPIC ARN"に置き換えます。

詳細については、Amazon AWSドキュメントの「Controlling User Access to Your AWS Account」「Amazon SNS ポリシーの特別な情報」を参照してください。

Amazon SNSトピックを作成する

AWSで、イベントを公開するSNSトピックを作成します。Amazon SNSの作成手順については、Amazon SNSドキュメントの「トピックの作成」を参照してください。手順3で必要になるため、SNSトピックのARNを書き留めておきます。

SNSを有効にする

  1. Deep Security Managerで、[管理][システム設定][イベントの転送] に進みます。
  2. [Amazon SNS] セクションで [AWS Simple Notification Serviceにイベントを公開] を選択します。
  3. 次の情報を入力します。
    • アクセスキー: セクション1で作成したAWSユーザのアクセスキー。
    • 秘密鍵: セクション1で作成したAWSユーザの秘密鍵。
    • SNSトピックARN: イベントの送信先となるSNSトピックのARN。これは、セクション2で書き留めたARNです。
  4. SNSに転送するイベントのタイプを選択します。

    イベントを選択すると、JSON SNS設定が自動的に生成されます。

  5. (オプション) イベントを詳細にフィルタして、フィルタごとに転送指示を設定する場合、[JSON SNS設定の編集] をクリックしてJSON SNS設定を直接編集することもできます。設定言語の詳細については、JSON SNS設定を参照してください。

    注意:JSONを編集すると、イベントのチェックボックスは使用できなくなります。イベントのチェックボックスをオンまたはオフにするには、[基本的なSNS設定に戻す] をクリックします。ただし、JSON SNS設定に加えたカスタマイズは破棄されます。

  6. [保存] をクリックします。

サブスクリプションを作成する

これでSNSが有効になり、イベントがトピックに公開されるようになりました。次に、Amazon SNSコンソールに移動し、トピックにサブスクライブしてイベントにアクセスします。イベントにサブスクライブするには、メールSMSLambdaエンドポイントなど複数の方法があります。

注意: Lambdaは一部のAWSリージョンでは使用できません。