本ヘルプセンターは英語版を翻訳したものです。また、一部には翻訳ソフトウエアにより機械的に翻訳した内容が含まれます。翻訳については順次対応しておりますが、最新の情報になっていない場合があります。最新の情報は英語版のページでご確認ください。表示言語は、画面右上の言語名をクリックして切り替えられます。

本ヘルプセンターの一部の記事には外部リンクが含まれています。リンク切れなどお気づきの点がございましたら、トレンドマイクロサポート窓口までご連絡ください。

エラー: モジュールのインストール失敗 (Linux)

「モジュールのインストール失敗」というエラーメッセージは、OSのカーネルバージョンがDeep Securityネットワークドライバまたはファイルシステムフックでサポートされていないことを示しています。同じ状況でエンジンオフラインアラートが生成されることもあります。互換性のあるネットワークドライバがないことが、このエラーの主な原因です。

侵入防御、Webレピュテーション、またはファイアウォールを適用すると、Deep Security Agentでトラフィックを調査できるようにネットワークドライバがインストールされます。不正プログラム対策および変更監視は、ファイルシステムフックモジュールをインストールします。このモジュールは、ファイルシステムの変更をリアルタイムで監視するために必要です (予約検索には同じファイルシステムフックは必要ありません)。

アップデートが開発中である可能性があります。トレンドマイクロは、多数のベンダの新しいカーネル リリースを常にチェックし、品質保証テストが完了次第、それらのカーネルに対応したアップデートをリリースしています。お使いのカーネルバージョンのサポート予定については、テクニカルサポートにお問い合わせください (ログインして右上の [サポート] をクリック)。

モジュールのサポートアップデートは、利用可能になると自動的にシステムにインストールされます。

サポートされているOSカーネルのバージョンについては、Deep Security AgentのLinuxカーネルサポートを参照してください。