プロキシ設定

ネットワークでプロキシを使用する場合、初期設定のポート番号の代わりにプロキシを使用するようにDeep Securityを設定できます。プロキシ設定はいくつかの場所にあります。

プロキシサーバの使用

使用可能なプロキシの一覧を表示して編集するには、[管理]→[システム設定]→[プロキシ] の順に選択します。

プロキシの選択後、そのプロキシを使用する必要があるAgentを再起動します。

プロキシサーバ

Deep Securityの各クライアントおよびサービスで使用できるプロキシサーバを定義します。たとえば、コンピュータエディタまたはポリシーエディタこれらの設定は、ポリシーまたは特定のコンピュータについて変更できます。 ポリシーの設定を変更するには、[ポリシー] 画面に移動し、編集するポリシーをダブルクリック (またはポリシーを選択して [詳細] をクリック) します。 コンピュータの設定を変更するには、[コンピュータ] 画面に移動し、編集するコンピュータをダブルクリック (またはコンピュータを選択して [詳細] をクリック) します。の [不正プログラム対策]→[Smart Protection] で、Smart Protection用のプロキシサーバを定義します。

次の表は、Deep Securityの各サービスおよびクライアントでサポートされているプロキシプロトコルの一覧です。

サービス 接続元 HTTP SOCKS4 SOCKS5
ソフトウェアアップデート、CSS、ニュースアップデート、製品登録とライセンス管理 Manager × ×
スマートフィードバック Manager ×
クラウドアカウント Manager × ×
Control Manager Manager × ×
Deep Discovery Analyzer Manager × ×
Manager (有効化およびハートビート) Agent/Relay × ×
Relay (ソフトウェアアップデートとセキュリティアップデート) Agent/Relay
Census、Good File Reputationおよび機械学習型検索向けのネットワーク設定 Agent × ×
Global Smart Protection Server Agent × ×